events

11/9(sun) night cruising 8th anniversary feat.『Preco Night』 at.METRO

2014/09/03

NC1109_omt

night cruising イベント8周年を記念したパーティが今年も地元 京都METROで開催!
今回は東京のレコード・ショップLinus Recordsが主宰、国内外の良質なアーティストのリリースを続けるインディー・レーベル、Preco Recordsによる企画 “Preco Night”とのコラボレーションが実現。
Preco Recordsからは東京と富山の5人組バンドsmoug、名古屋在住の音楽家fredricsonがトラックメイカーshotaro hirataとのデュオを、
night cruisingからは今年元日NHK-FMにて坂本龍一氏との即興セッションを果たし、ダムタイプ高谷史郎のプロジェクトメンバーとしても活動するMarihiko Haraが、貴重なクラブセットを披露。
また昨年night cruisingからアルバムをリリースした、スペイン在住のアーティストLODの出演も決定!
スペシャルゲストには10月リリース予定のsmougリミックスアルバム『DO NOT DISTURB』に参加した2組!電子音楽家mergrimの打楽器奏者Kazuya Matsumotoを迎えた最新のライブセット、そしてnight cruisingとも由縁深いAmetsubがDJで登場。

night cruising 8th anniversary
feat. “Preco Night”

2014年11月9日(日) 17:00open/start
at.METRO http://www.metro.ne.jp/

Live: 
mergrim × kazuya matsumoto
smoug
fredricson × shotaro hirata
Marihiko Hara
LOD

DJ:
Ametsub
tsukasa
Tatsuya Shimada
RAIJIN

SHOP:
LINUS RECORDS

FOOD:
食堂souffle

料金: 前売り2500yen / 当日3000yen  ※ドリンク代別途

前売りメール予約:
info@nightcruising.jp (night cruising)まで、
件名を「11/9 METRO」とし、
お名前/人数/連絡先を明記の上、送信下さい。
3日以内にご予約確認の返信メールをさせていただきます。

また、チケットぴあ (0570-02-9999、Pコード:243-765)、
ローソンチケット (ローソンLoppi、Lコード:55487)、e+ (http://eplus.jp/)、でも前売りチケットを購入できます。
※前売発売場所: ぴあカウンター、セブンイレブン、サークルKサンクス、ローソン

 

Preco Records

preco-logo_img

東京のレコード・ショップLinus Recordsが主宰しているインディー・レーベル。
2005年に活動開始後、aus、fredricson、ストレイテナーのホリエアツシのソロ・プロジェクトentなどをはじめとする日本人アーティストだけでなく、イギリスのepic45、Kinder Scout、ニュージーランドのRhian Sheehanなどの、海外のアーティストのアルバムもリリース。エレクトロニカ、ポスト・ロック系の作品を中心に、良質な音楽をマイペースに日本国内に発信し続けている。
http://www.preco-records.com/
http://www.linusrecords.jp/

 

mergrim × kazuya matsumoto

mergrimxKazuyamatsumoto_img

mergrim (mophrecords,PROGRESSIVE FOrM,liquidnote):
兵庫県出身の音楽家、光森貴久によるソロプロジェクト。
電子音楽レーベルmoph records主宰。
これまでにアルバムをソロ/ユニット/ライブ・リミックス盤などで4枚リリース。
downy、川本真琴、miaou、smoug等のリミックスの他、YMOのカバー集[YMOREWAKE]、
Xperia™アプリ”Movie Creator”やGRANTURISMO6に楽曲提供。
また、Sound&Recording MagazineにてCubase記事を短期連載やムック本への執筆なども行う。
ライブも都内を中心に精力的に活動。SonarSound Tokyo、DOMMUNE、EMAF TOKYOなどにも出演。
打楽器奏者Kazuya Matsumotoとのパフォーマンスは電子音楽の域を越えていると評判。
海外ツアーも2011上海、北京、2012ベルリン、ロッテルダム、ミュンヘンなどを敢行。
最新作はPROGRESSIVE FOrM x mophより”Hyper Fleeting Vision”をリリース。
7月にはそのリリース・パーティを13人の演奏家を迎え行い、成功を収めた。
そこで出会った仲間とともに”THE MERGRIM GROUP”を結成。更なる躍進へ望む。
http://www.mergrim.net
http://www.mophrec.net

松本一哉 / kazuya matsumoto:
石川県出身の打楽器奏者。
波紋音・銅鑼・シンギングボールなどの倍音を多く含んだ打楽器を中心に、音具・自然物・非楽器などの音の鳴るオブジェクトを用いて、音階や旋律ではなく音の響きそのものに重きを置いた演奏をしている。
万物のスケールから得たインスピレーションを自身のフィルターを通し音像へと落とし込む事で世界観を表現。
一般的な感覚からは逸脱したとしても、価値観や美意識に共鳴してくれる人や世界に音を届けようとしている。
2013年、瀬戸内国際芸術祭の関連事業「おとくち」プロジェクトにてグランプリを受賞。
http://www.horhythm.com/
http://m.soundcloud.com/kazuya-matsumoto

 

Ametsub

_GFS2180m

東京を拠点に活動。昨年は山口の野田神社で、霧のインスタレーションを交えながら坂本龍一と即興セッション。TAICOCLUBの渋谷路上イベントにてパフォーマンス。Tim HeckerやBvdubといったアーティストの来日ツアーをサポート。夏にはFLUSSI(イタリア)、STROM(デンマーク)、MIND CAMP(オランダ)といった大型フェスへ招聘される。
アルバム『The Nothings of The North』が世界中の幅広いリスナーか ら大きな評価を獲得し、坂本龍一「2009年のベストディスク」にも選出されるなど、現在のシーンに揺るぎない地位を決定付ける。スペインのL.E.V. Festivalに招かれ、Apparat, Johann Johannson, Jon Hopkinsらと共演し大きな話題を呼ぶ。最新作『All is Silence』は、新宿タワーレコードでSigur Rosやマイブラなどと並び、洋楽チャート5位に入り込むなど、大きなセール スを記録。
FujiRock Festival ’12への出演も果たし、ウクライナやベトナム、 バルセロナのMiRA FestivalへActressやLoneと共に出演。
今年はTychoの新作をリミックス、Plaid と共にスペイン発、Lapsusのコンピに参加。秋にはArovaneやLoscilらの日本ツアーをサポート予定。
北極圏など、極地への探究に尽きることのない愛情を注ぐバックパッカーでもある。
http://www.drizzlecat.org

 

smoug

smoug_img

富山と東京の5人組。2013年5月に1stアルバム『Cloud Sprout』を東京のPreco Recordsよりリリース。
ドラムとサンプラーを駆使したシンプルなビートの反復をミックスしたリズムと、アナログ感のあるウォーミーな電子音、穏やかな浮遊感のあるシンセ、ギターのなだらかなアルペジオなどのメロディックなサウンドを組み合わせた、ローファイな宅録風味のエレクトロニカ+ポスト・ロック・バンド。
これまで富山の都市型フェス『BEATRAM』、京都のライブ・サーキット・イベント『いつまでも世界は…』などのフェスにも出演。また2013年には、三菱電気の液晶テレビREAL「パっとできる」篇のTVCMに『Cloud Sprout』に収録の「Two Months Ago」が使用された。

 

fredricson

fredricson

名古屋在住。
2000年頃よりレコーディングエンジニアとしてキャリアを始め、現在は音楽作家とし
てTVコマーシャル、ショートフィルム等の楽曲制作で活動中の荒木正比呂のソロプロ
ジェクト。
バンド・レミ街、tigerMosのメンバー。
moph recordsやDarla等のコンピに参加し、2009年に1stアルバム『Misc』をaus、スト
レイテナー・ホリエアツシのソロプロジェクトentを擁するPrecoよりリリース。
その翌週には、アメリカのポストロック~エレクトロニカ系の人気レビューサイトThe
Silent Balletで、Band Of The Weekとアルバム収録曲「Eyeme」のTracks Of The
Weekの両方に選出され、「Eyeme」はThe Silent Balletのコンピレーションにも収録
される。
2011年2ndアルバム「technotonanica」を同レーベルよりリリース。
https://soundcloud.com/fredricson

 

Shotaro Hirata

shotarohirata

東京在住のトラックメイカー。
電子音楽レーベル「moph records」主宰の一人。
2005年にmergrimらとmoph recordsを設立。
現在までにコンピレーションCDへの参加や、デジタルEPをリリース。
リミックスやコラボレーション、max/mspで制作したVSTプラグインの提供なども行っ
ている。
4つ打ちのビートを基調としたライブアクトには定評があり、E-NautやEMAF Tokyoなど
のフェスやクラブイベントに出演。
また、レーベルメイトとのユニット「mophONE」や「ELVS」としても活動。
現在はファーストアルバムの制作に励んでいる。

 

Marihiko Hara

marihikohara_img

音楽家。1983年生まれ、京都在住。京都大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修士課程中退。
「静寂の中の強さ」をテーマに、映像や舞台、インスタレーション作品の音楽まで幅広く作曲活動を行う。
2014年元日放送のNHK-FM「坂本龍一ニューイヤー・スペシャル」に坂本氏との即興セッションにて出演。2013年韓国利川(イチョン)にて開催された「Icheon Ceramics Festival」に招聘され、野外演奏。奈良障害者芸術祭に6つのスピーカーのためのインスタレーション作品『ピアノ•ランゲージ』を出品。映画『コロンボス』(監督:カワイオカムラ、クラクフ映画祭シルバードラゴン賞受賞作品)、舞台『二重の影』(演出:渡邊守章)、資生堂『資生堂書体「美と、あそびま書。」』の音楽を担当、映画『セイジ -陸の魚』(監督:伊勢谷友介)のサウンドトラックに参加。
ダムタイプ高谷史郎プロジェクトメンバーとしてパフォーマンス作品『CHROMA』やインスタレーション『火星』(KYOTOGRAPHIE)などのサウンドを担当。その他、ボーカル柳本奈都子とのユニット「rimacona」、「Marihiko Hara & Polar M」としても活動する。
http://www.marihikohara.com

 

LOD

LOD_

LODことLuis Ortizは、スペイン領グラン・カナリア島に在住のミュージシャン。
ソロやグループで数多くの作品をリリース、SONARやTime Warpをはじめ世界中のフェスティバルに出演。
2001年にレーベル「Klitekture」を設立し、2000年代初頭より、SutechやDeadbeat、Frank Bretschneider、Andreas Tillianderなど、現在エレクトロニック・ミュージックの第一線で活躍するアーティストの作品をリリース。
2004年にはネットレーベル「Sinergy Networks」を設立。フランスのエレクトロニックミュージックの名フェスティヴァルQwartz Electronic Music Awardsのベストレーベルに、また自身もミュージシャンとして2部門でノミネートされ、BjörkやMatthew Herbertらと共にセレモニーに出席した。
2013年10月、京都を拠点とするレーベル「night cruising」よりLOD名義でのアルバム『mooi』をリリース。
盟友AOKI takamasaによるリミックス、京都出身の女性アーティストCuusheのボーカルをフューチャーしたトラックを収録。
2013年末には『mooi』を引っ提げてのJapan Tourも行った。
http://www.luisortiz.net

 

LINUS RECORDS

linus

http://www.linusrecords.jp/

 

会場: METRO
〒606-8396
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵比須ビルBF
(京阪神宮丸太町駅2番出口)
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

Total Information: 
info@nightcruising.jp

企画/制作: night cruising / Preco Records