events

7/24(fri) Matmos & Jeff Carey Japan Tour 2015 京都公演 at.METRO

2015/05/12

matmos_img

1997年のデビュー以後グリッチ/IDMシーンの異端児として世界的な評価を受け、ビョークのリミックスを手がけワールドツアーへ同行した事でも広く知られるエレクトロ・デュオMatmos(マトモス)、
2009年のTAICOCLUBでのパフォーマンスが賞賛を浴びるなど、ここ日本でも高い人気を誇る彼らによる、初のジャパンツアーが決定!
昨年Matmosの主催で行われたヨーロッパツアーに同行した盟友Jeff Carey(ジェフ·ケリー)も共に来日!

京都公演はメトロにてnight cruisingがオーガナイズ!そして初となる金曜日の夜開催!
ということで、迎え撃つ共演者も素晴らしいラインナップが勢揃い。
アイスランドのSonar ReykjavikやTAICOCLUB’15への出演などアーティストとして揺るぎない独特の地位を築き続け、Matmosをフェイバリットにも挙げているAmetsubによるDJ。
ダムタイプ高谷史郎のプロジェクトメンバーとして今年5月、新作『ST/LL』の音楽を坂本龍一氏らとともに担当した京都の俊英Marihiko Hara(原 摩利彦)による貴重なクラブセット。
グリッチ/ノイズミュージックの新機軸として注目を集める、ニューヨーク出身/東京在住の電子音楽家shotahirama。
池田亮司やTim Heckerら名立たるアーティストとの共演、くるりのリミックス、アナログリリースや自身のイベントなど活躍の幅を広げる驚異の新世代Madegg。
また京都の”夜の帝王”ことRAIJIN、night cruisingオーガナイザーTatsuya ShimadaもDJでパーティを盛り立てます。

最新鋭エレクトロニックミュージックの祭典とも言える当夜。ぜひMETROのフロアで体感して下さい!!

night cruising feat. Matmos & Jeff Carey Japan Tour 2015

2015年7月24日(金) 22:00open/start
at.METRO
http://www.metro.ne.jp/

出演:
Matmos
Jeff Carey
Ametsub (DJ)
Marihiko Hara
shotahirama
Madegg
RAIJIN (DJ)
Tatsuya Shimada (DJ)

出店:
食堂ルインズ

料金:
前売り 2,500yen / 当日2,800yen ※ドリンク代別途

前売りメール予約:
info@nightcruising.jp (night cruising)まで、件名を件名を「7/24 METRO」とし、お名前(カタカナ フルネーム)/人数/連絡先を明記の上、送信下さい。
3日以内にご予約確認の返信メールをさせていただきます。

また、チケットぴあ (0570-02-9999、Pコード:264-879) 、
ローソンチケット (ローソンLoppi、Lコード:59180)、
e+ (http://eplus.jp/)、
でも前売りチケットを購入できます。(5/16発売)
※前売発売場所: ぴあカウンター、セブンイレブン、サークルKサンクス、ローソン

 

Matmos

150723_matmos_web

現在Baltimoreにベースを置き、1990年代中頃にサンフランシスコで結成されたドゥルー・ダニエルとM.C.シュミットによるエレクトロ・デュオ。
1997年にデビューアルバムをリリースし、現在までに8枚のアルバムをリリース。
彼らの独創的な作曲やスタイル、作品群は瞬く間に世界に知られるようになった。
2001年に彼らは、Björk(ビョーク)の「ヴェスパタイン」へのリミックスへ参加し、以降ワールドツアーへ同行している。

HP

 

Jeff Carey

jeff

ジェフ·ケリーは、ジョイスティック、ゲームのキーパッド、及びストロボライトを用いたハードコアデジタルミュージックアーティスト。

HP

 

Ametsub

_GFS2180m

東京を拠点に活動。今年2月にはアイスランドのSonar Reykjavikに出演。5月にはTAICOCLUB’15でMbira+DJのパフォーマンス。
昨年はTychoの新作をリミックス、Plaidと共にスペイン発のLapsusコンピに参加。ActressやThe Bug、ArovaneやLoscilらの日本ツアーをサポート。Ovalの提案によりDOMMUNEでセッションが実現。YELLOのボリス・ブランクによるFACT Magazine「10 Favorite Electronic Records」に選出される。
2013年は山口の野田神社で、霧のインスタレーションを交えながら坂本龍一と即興セッション。TAICOCLUBの渋谷路上イベントにてDJパフォーマンス。Tim HeckerやBvdubの来日ツアーをサポート。FLUSSI(イタリア)、STROM(デンマーク)、MIND CAMP(オランダ)、MIRA(スペイン)、Fuji Rock(日本)などの大型フェスへも出演し、ウクライナやベトナムでの演奏も行う。
アルバム”The Nothings of The North”は世界中の幅広いリスナーから大きな評価を獲得し、坂本龍一「2009年のベストディスク」に選出される。スペインのL.E.V. Festivalに招聘され、Apparat/Johann Johannson/Jon Hopkinsらと共演し大きな話題を呼ぶ。
最新作”All is Silence”は新宿タワーレコードでSigur Rosやマイブラなどと並び、洋楽チャート5位に入り込むなど、いまだに大きなセールスを記録中。
北極圏など、極地への探究に尽きることのない愛情を注ぐバックパッカーでもある。

HP

 

Marihiko Hara

marihikohara_img

音楽家。京都在住。京都大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修士課程中退。
映像や舞台、インスタレーション作品の音楽まで幅広く作曲活動を行う。2014年元日放送のNHK-FM「坂本龍一ニューイヤー・スペシャル」にて坂本氏と即興セッション。京都芸術センターにて室内楽作品を初演。映画『コロンボス』(監督:カワイオカムラ、クラクフ映画祭シルバードラゴン賞受賞、アルス・エレクトロニカ栄誉賞受賞)、舞台『二重の影』(演出:渡邊守章)、資生堂『資生堂書体「美と、あそびま書。」』(監督:TAKCOM)の音楽を担当。
ダムタイプ高谷史郎プロジェクトメンバーとして、パフォーマンス作品『ST/LL』(音楽:坂本龍一、softpad南琢也と共同制作)、『CHROMA』、ダムタイプ・インスタレーション『MEMORANDUM OR VOYAGE』、『Trace/React』、高谷史郎+グザビエ・バラル『火星』(インスタレーション)に参加。

HP

 

shotahirama

shotahirama2014

ニューヨーク出身の音楽家、shotahirama(平間翔太)。中原昌也、evala、Ametsubといった音楽家がコメントを寄せる。畠中実(ICC主任学芸員)による記事「デジタルのダダイスト、パンク以後の電子音楽」をはじめ、VICEマガジンや音楽ライターの三田格などによって多くのメディアで紹介される。Oval、Kangding Ray、Mark Fell等のジャパンツアーに出演。代表作にCDアルバム『post punk』や4枚組CDボックス『Surf』などがある。

HP

 

Madegg

madegg

高知出身、京都在住22才。16歳より、ソフトウェアを使用したサンプリングコラージュ、ノイズミュージックの制作を開始。
2012年、flauより1st Album『Tempera』をTシャツというフォーマットでリリース、2013年 Day Tripperより2nd Album『Kiko』をリリース。
Sonar Sound Osaka/Tokyo 2013両公演に最年少で出演。同年、池田亮司氏の “Ryoji Ikeda “supercodex live set” World Premiere” at Shibuya WWWのオープニングアクトとして21歳で異例のライブセットを披露。Clark、Mount Kimbie、Baths、Arca、Anthony Naples、The Field、Mark Fell(SND)、Tim Hecker等の様々なアーティストと共演。
2015年、ダンスパターンへズームしたプロジェクト「M/D/G」名義で12inch ‘M/D/G ep’ をraumよりリリース。YPY氏とのインプロセッションやサウンドインスタレーション・音響作品の発表、グラフィック・ヴィジュアルの実験を並行して行っている。自身のレーベル『NOCREDIT』をスタート。

HP

 

会場: METRO
〒606-8396
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵比須ビルBF
(京阪神宮丸太町駅2番出口)
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

Total Information: 
info@nightcruising.jp
企画/制作: night cruising

 

MATMOS & JEFF CAREY JAPAN TOUR 2015

bkg_01_wide