events

11/5(日) night cruising 11th anniversary feat.Jan Jelinek at.METRO (京都)

2017/09/08

night cruising 11周年を記念するイベントを、地元京都METROにて開催!
ゲストに00年代ミニマル・ミュージックの先駆者として電子音楽史にその名を刻むベルリン在住の音楽家/プロデューサーJan Jelinek
そしてEPのリリースやヨーロッパツアーなど今年も勢力的な活躍を続ける盟友AmetsubがDJセットで出演。
京都からはPolar M、intextが最新のライブセットを披露、DJはRAIJINとTatsuya Shimadaが参加。
洗練された電子音楽の数々を存分に浴びることができる一夜!

night cruising 11th anniversary feat.Jan Jelinek

日時:2017年11月5日(日)
会場:METRO (京都 神宮丸太町)
開場/開演:18:00
料金:前売り3,000円 / 当日3,500円 (共にドリンク代別途)

出演:
Jan Jelinek
Ametsub (DJ)
Polar M
intext
RAIJIN (DJ)
Tatsuya Shimada (DJ)

【チケット一般発売】
チケットぴあ http://t.pia.jp/ (Pコード:345-122)
ローソンチケット http://l-tike.com/ (Lコード:57668)
e+ http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002238211P0030001
にて9/16(土)より発売

【前売りメール予約】
info@nightcruising.jp (night cruising)まで
件名を「11/5 METRO」とし、
お名前(カタカナ フルネーム)/人数/連絡先を明記の上、送信下さい。
3日以内にご予約確認の返信メールをさせていただきます。

Ticket Reservation : info@nightcruising.jp (night cruising)

以下フォームからもご予約いただけます:
*ご予約確認の返信メールを順次させていただきます。数日待っても届かない場合はお手数ですが、info@nightcruising.jp までご連絡ください。
*携帯電話の場合PCからのメールの受信をできる設定にしてください。
*gmailなどフリーメールの方で未着の方はスパム・メールのフォルダもご確認ください。

お名前[カタカナ] (必須) | name:

メールアドレス (必須) | e-mail address:

ご連絡先電話番号 (必須) | tel:

ご希望枚数 (必須) | QTY:

ご質問・お問い合わせなど

 

 

Jan Jelinek (ヤン・イェリネック)

ベルリン在住の音楽家/プロデューサー。
1998年にFarben名義でKlang Elektronikからリリースされたダンス・トラックで注目を集める。当時としては非常にミニマルながらも繊細なゆらぎに満ちたその作品は、のちにSNDやMille Plateauxの作品群らとともにクリック・ハウスと呼ばれたムーヴメントを牽引する先駆けとなった。
2001年には~Scapeより本名Jan Jelinek名義で『Loop-finding-jazz-records』を発表。ジャズのサンプリング・ループから音のモアレのようなレイヤーを浮き上がらせ、ミニマルでエクスペリメンタルな電子音楽史に残る名盤として評価される。
2008年より自身の実験のためのプラットフォームでもあるレーベルFaiticheの運営を開始。自身の変名プロジェクトやMasayoshi Fujitaとのコラボレーション、架空の作曲家Ursula Bognerによる作品など、これまで16作品を発表。
2014年春、ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川の招聘アーティストとして3か月間京都に滞在。
今年4月には長らく廃盤状態だった『Loop-finding-jazz-records』を、追加収録曲も加えた2枚組ヴァイナルでリイシュー。

www.faitiche.de

 

Ametsub

東京を拠点に活動。
アイスランドのSonar Reykjavikに出演。スペインのL.E.V. Festival 10周年でLIVEとDJの2セットで出演。サンフランシスコのPriceless FestivalとGray Areaに出演。TAICOCLUB FestivalでMbira+DJのパフォーマンス。Greenroom Festivalにて原田郁子(クラムボン)のソロライブに参加。イリス・ヴァン・ヘルペン展示会の音楽を担当。山口の野田神社で霧のインスタレーションを交えながら坂本龍一と即興セッション。Actress、Tim Hecker、Floating Points、Bonoboらの来日ツアーをサポート。
現在までにMIRA(スペイン)、FLUSSI(イタリア)、STROM(デンマーク)、MIND CAMP(オランダ)、Fuji Rock(日本)などの大型フェスへも出演し、ウクライナやベトナムでのパフォーマンスも行う。
昨年はFaltyDL (Ninja Tune)のセルフレーベルからSky Droppin’ EPをリリース。
2017年5月、7月にEUツアーを敢行。「Mbira lights 1 EP」をリリース。夏にはフランス、ルーマニアでのライブも予定。
北極圏など、極地への探究に尽きることのない愛情を注ぐバックパッカーでもある。

www.drizzlecat.org

 

Polar M

京都在住のミュージシャン/ギタリスト。ギターサウンドを中心に、繊細ながらも強い情感をもったサウンドスケープを展開。深く静かな、そして壮大な世界を追求する。
これまでにアルバム『Hope Goes On』(2014)、『Nothern Birds』(2011)等を発表。クラブやアートスペースでのライブを始め、映画館での無声映画『月世界旅行』上映ライブや、招聘された「Icon Ceramic Festival」(韓国・利川)での野外演奏など、国内外で数多くのライブ・パフォーマンスを行う。また映像作品やCMへの楽曲提供、「サウンド&レコーディング」誌にソフトウェアAbleton Liveに関する執筆をするなど、幅広く活動している。
音楽家・原 摩利彦と共に、ユニット”Marihiko Hara & Polar M”としても活動し、アルバム『Beyond』(2013)を発表。2015年にはマレーシア公演や、振付家ロサム・プルテンシャド・ジュニアのダンス作品の音楽を共同制作を行う。2016年には2ndアルバム『Dance』を発表。俳優・桐谷健太への楽曲提供もおこなった。

www.polarm.net

 

intext

外山央、真下武久、見増勇介によるグループ。
メンバーが個別でデザイナーやプログラマーとして活動する中、そこから生まれた興味や解決の難しい問題などを取り上げる。言語、文字、書法、印刷、読書などに通じる一定の様式をユニークな視点で捉えなおし、新たなコミュニケーションの可能性を基軸にしながら国内外で展開を続けている。
主な展覧会にAbad Photography (Galeri Nasional Indonesia|インドネシア|2016)、vanishing letters (Standing Pine|愛知|2016)、交, 향 –Graphic Symphonia (国立現代美術館ソウル館|韓国|2015)、VOLTA 11 (MARKTHALLE|スイス|2015)、phono/graph (ギンザ・グラフィック・ギャラリー|東京|2014)など。

 

RAIJIN

京都に生まれ育ち、現代音楽やNOISEの洗礼を浴びるうちにいつしか雷神と呼ばれ、DJを開始する。
雑食な音楽性が高じて、そのプレイスタイルはtechno~house、disco dub、ambientのほか、ragga jungleのセットまで、場面に応じて多岐に渡る。
現在は京都を拠点として、関西を代表するイベント&レーベル”night cruising”などを中心に活動している。
「りんご音楽祭2017」にも出演。

nightcruising.jp

 

会場: METRO
〒606-8396
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵比須ビルBF
(京阪神宮丸太町駅2番出口)
Tel:075-752-4765
www.metro.ne.jp/

 

主催:night cruising
助成:ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

Jan Jelinek Japan Tour 2017
http://nightcruising.jp/janjelinek_tour2017/

公演に関するお問い合わせ:night cruising
E-Mail info@nightcruising.jp
Tel 050-3631-2006
http://nightcruising.jp