events

10/14(日) ensemble 0 Japan Tour 2018 京都公演 at.haku

2018/08/21

Sylvain Chauveauを中心に現代音楽の俊英が集結したEnsemble 0、
最新作「ensemble 0 plays eight compositions and it lasts 38:36 」の録音メンバーであるブリュッセル・セクションの3人が来日。
京都公演は四条寺町に今年新しくできたアートギャラリー《haku》にて開催。

ensemble 0 Japan Tour 2018 京都公演

日程:2018年10月14日(日)
会場:haku (京都 四条寺町)
開場:17:30 / 開演:18:00
出演:ensemble 0
料金:前売り 3,500円 / 当日 4,000円
【チケットはオンラインチケットLivePocketにて8/25(土) 12:00より販売開始】
https://t.livepocket.jp/e/ensemble0_kyoto

*チケットの申し込みにはLivePocketの会員登録が必要になりますので、あらかじめご了承ください。
*メール予約(取り置き)はございません。オンラインチケットサービスでの販売のみとなります。
*当日は開場後、整理番号順にご入場いただきます。チケット購入時に発行されるQRコードを忘れずにご用意下さい
*予約が定員となり次第締め切らせていただきます。その場合、当日券の発行はいたしません。お早めにご予約下さい。
*チケットご購入後のお客様の都合による変更・キャンセルはできません。
*お子様のご入場も可能ですが、席数が限られているため、お子様の分のチケットもご購入下さいますようお願いいたします。 未就学児のお子様のご入場に関しては、ご相談ください。(静かな演奏をともないますので、他のお客さまへのご配慮をお願いします。)

主催:night cruising
ツアー主催:flau

 

アンサンブル 0 / ensemble 0
2004年にSylvain Chauveauを中心にフランスで結成されたアンサンブル。
FatCat、Typeなどからリリースされたモダン・クラシカル傑作群や、自身もボーカルを務めたDepeche Mode、Smogのカバー、Micro Mega:, Arca、ONなど様々な名義でもその留まるところを知らない才能を発揮しているアーティストSylvain Chauveau、武満徹作曲賞を受賞した若手現代作曲家Joël Merah、池田亮司の諸作品でもパフォーマーを務めるStéphane Garinというフランスの現代音楽シーンの才能がコアメンバー。
これまでにヨーロッパ各地での様々な音楽祭やホールで公演、自身の作品演奏に限らず、スティーヴ・ライヒ, モートン・フェルドマン, 杉本拓, ジョン・ケージ, エリック・サティ, ギャヴィン・ブライアーズらの作品も演奏し、アンサンブルの持つ未知なる可能性を追求している。
今年リリース予定の新作「ensemble 0 plays eight compositions and it lasts 38:36」では、コアメンバー以外の拡張されたアンサンブルの形態がとられており、今回の来日もそのメンバーによるセクションとなっている。

ensemble 0 Japan Tour 2018
http://flau.jp/event/ensemble0-japan-tour-2018/

 

会場:haku
京都市中之町下京区566



阪急電車[河原町駅]徒歩5分
市バス「四条河原町」徒歩5分
 
公演に関するお問い合わせ (night cruising)
E-Mail: info@nightcruising.jp
Tel: 050-3631-2006